Home » 住宅設備

住宅設備

関連 広告リンク



いい家ってどういう家なのでしょう ?

 

やはり、家族みんなが住みやすい家ですね。

だから、住宅設備に関しても建築業者に任せるだけでなく、どれを選ぶか、自ら判断したいです。そうでないと後々、悔むことになります。

 
キッチン

住宅設備で特に注意しなければならないのは、下記の2点です。 

 

冷暖房

いざ住んでみたら、冬、寒くてならないといった話は良く聞きます。日本家屋では玄関や廊下などは暖気が入り込み難く、寒々しくなりがちです。

 

これは想定できる事態ですから、どう暖房するのか、対応をとっておくべきです。

 

また、間取りによって冷暖房は大きく影響します。

例えば、我が家の場合、居間を大きな吹き抜けにしました。もし、エアコンを使うとなると大出力の業務用のものが必要になります。光熱費が高くなり不経済になります。それ故、エアコンは設置しませんでした。

 

吹き抜けと言えば、玄関が家の中央にある場合も注意が必要です。玄関を吹き抜けにすると、冬、玄関は寒くなります。家の中を移動するのに冷たい玄関を通らないとならない ・・・

 

それは辛いものがあります。

 

キッチン

キッチンに求められる点は沢山あります。

 

  • 作業性
  • 収納スペース
  • 掃除のし易さ
  • 修理・交換のし易さ
  • デザイン
  • 明るさ  etc

システムキッチン

住宅建築業者が選んだ物ではなく、使う人が納得できるものを入れたいです。

 

家の中で一番使うのがキッチンです。キッチンが使い難いと、ストレスがたまってくるかもしれません。だから、キッチン選びは慎重に!

 

まずは、住宅設備会社のショールームに見学に行きましょう。
 


参照) システムキッチンメーカー

タカラ パナソニック LIXIL TOTO クリナップ サンウェーブ


 

我が家の場合は、デザインと材質を重視して、フィンランドのキッチンを輸入しました。

 

ヨーロッパでは住宅に関して、日本とは違った考え方をベースにしていますね。日本の数倍長く住み続けるつもりで家づくりが行われる様です。

 

だから、キッチンもデザインだけでなく、しっかりとした材質を使っています。海外の製品も検討してはどうでしょうか?

 

資料請求 サイト

静岡県お薦め工務店

BL-WOOD

なにしろ価格が安く、細部の要望にも応えてもらえます

壁に貼って楽しめる