Home » 暮らしを楽しむマイホームプラン » 見晴らしの良い家に住みたい

見晴らしの良い家に住みたい

関連 広告リンク



見晴らしは良いに越したことはないのだが ・・・

見晴らしが良いと(土地代が)高いのでしょ?

見晴らしが良い所は、(交通が)不便だからなぁ ・・・

 

都会に住んでいると”見晴らし”にあまり価値を感じないかもしれませんが、地方では違います。

暮らしの中で見える景色は重要です。例えば、長野県ではどこに行くにも白い尾根が見えるという地域もあります。生活に楽しみがありますよね。家から眺望が良ければ尚更、嬉しいです。

 
長野県 尾根が見える街
 

確かに海岸沿いの狭い地域で見晴らしを求めると高台に家を建てなければなりません。

急な坂道の上に家を建てると、どこに行くにも不便かもしれません。交通の便と眺望、両方を満たした土地を求めるのは結構大変です。それこそ計画的に探さないとなりませんね。

 


DSC_6180 / hetgallery

 

我が家の場合もそうでした。

実際、我が家が考えていた条件は以下の通りです。

  • 土地が高い所
  • 近くに片側一車線の道路がある
  • 駅に歩いて行ける距離
  • 鉄塔等 周りに高い建物がない
  • 小中学校が歩いて行ける距離にある

該当しそうな場所まで車で行っては歩いて散策してみたりしました。

 

 

ある日曜日、子どもたちを連れて妻と土地探しに行った日のことです。

だいたい上記5つの条件を満たす場所は限られてきます。その一つである地域を訪ねてみたのでした。空地はあちらこちらにありました。でも、売りに出されているかは分かりません。

 

土地を売らずに持っているという人が結構いるのですよね。

むしろ、売りに出ている空地の方が少ないくらいです。でも、空地があるという事は可能性がゼロではないということです。

 


草刈り / yoppy

 

下の方から、急に沢山の人が登ってきました。みんな手に鎌を持っています。今思えば、草刈りの日だったのですね。

 

「 坊や何しているの? 」 と子供に誰かが声をかけて来ました。子供達には、土地を見に行くと言ってあったので、息子はその通りに答えたのでした。

「 ここらに住むのかい? 」 とその人は驚いた様子でした。その時、多くの人にジロジロ見られて気恥ずかしい思いをしたのでした。ただ、条件に合う地域を見て回っていただけですからね。

 

 

ところが、現在、我が家が建っている場所は、その時見て回った場所なのです。

今では、鎌を持って現れた人たちと同じ町内に住んでいます。実は、あの数ヶ月後、不動産会社から土地が売りに出たと連絡があったのでした。

条件に合う地域で売り物件があったら連絡をくれる様、不動産会社に頼んでいたからだったのでした。私は気長に待つつもりでいたので、驚いたのでした。

 

早めに情報を入手出来たので、いち早く仮に押さえておくことが出来ました。とてもラッキーだったのです。ところが、その時に私は困ったのです。だって決断しなければならないからでした。

土地を決めれば、家を建てる契約もするという事です。大きな買い物をする決断を迫られたのでした。しかも、仮押さえは長い期間という訳にはいきませんから、直ぐにでも回答しなければなりません。

 

チャンスは一瞬です。

その一瞬を逃さない為にも、計画性はとても重要だと私はつくづく感じました。

資料請求 サイト

静岡県お薦め工務店

BL-WOOD

なにしろ価格が安く、細部の要望にも応えてもらえます

壁に貼って楽しめる